\新潟発!/中小企業に特化したCO2排出量可視化サービス「Carbon Vision」

β版テスター募集中!(提供は1月中旬開始予定)

脱炭素経営は大事。
しかし、こんなお悩みはありませんか?

「何から始めればよいか分からない」「計算や操作が複雑で理解できない」「人も時間も余裕がない」「見える化から削減まですべてサポートしてほしい」

これらお悩み
Carbon Vision 解決します!

CO2排出量の可視化から
削減までお任せください。

Carbon Visionは中小企業の
CO2排出量削減への取り組みを
総合的にサポートする
システムサービスです。

手順は単純。
請求書をスキャン&アップロードするだけで
CO2排出量を自動算定。

  • 請求書の画像データ、csvファイルをアップロードするだけで自動算定、可視化できます
  • scope1,2だけでなく、scope3の算定も可能です
  • エリアや拠点、scope別にグラフと表で見やすく算定結果を表示します

可視化だけで終わらない。
削減までのワンストップサービス。

  • お客様それぞれの排出量データに基づき、削減への取り組みも支援いたします
  • 削減案の提案・コンサルティングサービスに追加料金はかかりません

料金

初期費用なし!

費用例月額 20,000 (+税)

  • ユーザーID:20
  • 施設:20
  • 組織・部署:20
ユーザーID
サービスを使用・閲覧できるIDです。
施設
所有する工場や支店といった、CO2排出に関わる建物などのことです。
組織・部署
事業部やプロジェクトチームなど自由に設定していただけます。

※ユーザーID、施設、組織・部署の登録数が各20までの場合、追加費用はございません。
数が足りない場合は、月額10,000円(+税)で各30の追加登録が可能です。

Carbon Vision 特徴

  • 1
    中小企業に特化したサービス

    CO2排出量可視化に必要なサービスを
    安価に・簡単に
    まずはscope1,2から算定スタート

  • 2
    誰でも簡単に算定が可能

    領収書などをアップロードするだけで、
    算定可能
    CO2算定にかかる手間・時間を極限まで省略

  • 3
    可視化から削減までの
    ワンストップサポート

    可視化だけでなく、
    CO2排出量の削減案を提案
    算定→報告→削減まで、専任の担当が伴走

  • 4
    中小企業でも取り組みやすい
    料金設定

    完全ワンプラン 月額20,000円(+税)
    初期費用0円・追加料金も一切なし
    削減支援まで無料で提供

    ※ユーザーID、施設・拠点、組織・部署の各20までの登録が無料。

  • 5
    他社との比較で
    モチベーションアップ

    比較機能により、サービスを導入している
    他社の排出・削減状況も見える
     

よくあるご質問

C Visionについて

CO2排出量を算定するメリットは何ですか?

中小企業がCO2排出量を算定するメリットは以下の通りです。

1.CO2算定は、エネルギーコストの削減と経営の効率化を促進します。
2.CO2算定は、投資家や消費者からの評価を高め、企業価値と商品・サービス価値を向上させます。
3.CO2算定企業は、環境意識のある企業の取引先として選ばれる可能性が高まります。

C Visionの特徴は何ですか?

C Visionは中小企業のCO2可視化・削減支援に特化したサービスです。
このため、以下のような特徴を持っています。

1.月額20,000円(+税)の低額ワンプラン
2.CO2算定から報告・削減提案まで、追加料金なしのワンストップサービス
3.CO2算定から削減までの無料のコンサルティングサービスも提供
4.活動量データのスキャン&アップロードで、CO2算定にかかる工数を大幅削減
5.他社との比較により、自社の取り組み状況の相対的把握が可能

契約について

申し込みからサービス利用開始にはどれくらいかかりますか?

申込をいただいてから約1週間で登録を完了し、サービスをご利用いただけます。

契約期間に関する規定はありますか?

原則ございません。中途の解約による違約金も発生しません。

契約の途中で拠点を追加できますか?

可能です。サービスの利用期間内でもユーザーID、施設・拠点、組織・部署の追加が可能です。
各20までの追加登録に関しては、追加料金がかかりません。

算定について

scope1,2,3とは何ですか?

GHGプロトコル(温室効果ガス算定・報告における国際基準)が定めたサプライチェーン排出量の分類です。

出典:環境省 グリーンバリューチェーンプラットフォーム

scope1:事業者自らによる直接排出
scope2:他社から供給された電気・熱・蒸気の使用に伴う間接排出
scope3:scope1,2以外のすべての間接排出

算定に必要なデータとは何ですか?

電気の使用量(kWh)や商品の仕入量(円)などの企業における活動を示したデータです。

データはどのように入力できますか?

データの入力方法は以下の通りです。

1.画像読み込み:企業活動量が示された領収書等を画像としてスキャン・アップロード
2.csvファイル:大量の企業活動量データをcsvファイルにまとめてアップロード
3.手入力:詳細な企業活動を指定された入力欄に入力

算定によって何を知ることができますか?

月間・年間のCO2排出量の合計を知ることができます。
加えて、エリアや施設・拠点別に排出量を表示することも可能なので、どこのエリア・施設の排出量が多いかを確認することも可能です。

削減について

削減までのワンストップサービスとあるが、具体的にどこまで支援してくれるのですか?

CO2排出量削減への取り組み案の提示から、削減実行に関わる業者の紹介・非化石証書の購入代行など、幅広いご支援をいたします。

脱炭素アドバイザーとは何ですか?

環境省が認定した、脱炭素に関わる民間資格保有者です。
脱炭素・環境経営の専門知識を持ったスタッフがお客様のご相談や要望を無料で承ります。
脱炭素アドバイザー資格の認定制度についてはこちら

開示について

算定結果を社外へ開示する情報開示の支援はありますか?

ご支援可能です。社外公開用レポートの自動出力を機能として備えています。
その他、SBTの認定取得に関するご相談も承ります。

お問い合わせフォーム

お問い合わせ内容
会社名 / 団体名必須
フリガナ(会社名 / 団体名)
部署名
ご氏名必須
住所
〒 住所検索
メールアドレス必須
電話番号必須

※ 携帯電話等、日中連絡が可能な番号

お問い合わせ内容必須
どのようにして当サービスを知りましたか?必須
ページトップへ